HOME » M House 新築工事
建築事業部
レノヴァ事業部
First Design Project
施工例のある建築家
土地有効活用について
リンク集
協力会社募集
会社概要
■ M House 新築工事

M House



設計者:粕谷淳司+粕谷奈緒子


■ 名 称 :M House 新築工事

■ 設計者 :カスヤアーキテクツオフィス
         粕谷 淳司+粕谷 奈緒子

■ 構造設計者 :小西 泰孝 建築構造設計

■ プロデュース:アーキテクツ・スタジオ・ジャパン

■ 現場管理者:坂本 壮矢

■ 写真撮影 :吉村 昌也

■ 所在地 :東京都三鷹市

■ 構 造 :木造在来工法3階建

■ 用 途 :専用住宅

■ 竣 工 :2010年5月

■ 敷地面積:93.06屐28.15坪)

■ 延床面積:103.06屐31.17坪)

M House M House M House
M House M House M House
M House M House M House

約30坪の敷地に建つ、木造3階建の都市型住居。
私たちはこの住宅で、高度に断熱された住宅に相応しい内部空間のあり方として、伝統的民家の再評価を試みている。

私たちが伝統的民家の特徴と考えているのは、まず第一に、必要に応じて引戸で仕切る一体的な内部空間である。今後、対流冷暖房よりも輻射冷暖房が主流となっていく高断熱住宅では、間仕切壁と扉で仕切られた室内空間よりも、むしろ、一体的な室内空間のほうが好ましい。

こうした考えのもと「三鷹の家」では、少しずつ床レベルを変えた内部空間が立体的に組み合わされ、かつ、互いに連続するようにデザインした。

周囲を壁で囲われ、室内空間越しに空を見渡すことのできる中庭も、伝統的な民家(町家)の「通り庭」の再解釈である。全ての居室は、この中庭に向かって開かれている。このことで、周囲を隣家に囲まれた環境にありながら、プライバシーの保たれた開放的な生活が可能となっている。






小川建設ブログ

小川建設facebook

当社の会社案内、施工実績などをまとめた資料をお届けします。

SE構法のDVDが出版されました!ご希望の方は
ご請求下さい。
資料請求
雑誌掲載
お客様の声
土地/アパート・マンションオーナー様へ
SE構法
SEA'S 建築家と建てる木の家
住宅保証機構