HOME » 北品川の家
建築事業部
レノヴァ事業部
First Design Project
施工例のある建築家
土地有効活用について
リンク集
協力会社募集
会社概要
■ 北品川の家

*

杉浦 充

設計者:角倉 剛


■ 名         称 : 北品川の家

■ 設 計 監 理 : 角倉 剛 建築設計事務所

■ 構 造 設 計 : 山田構造設計事務所

■ 現 場 管 理 : 坂下 紀之

■ 写 真 撮 影 : 角倉 剛 建築設計事務所

■ 所 在 地   : 東京都品川区

■  構   造  : 木造在来工法2階建

■  用   途  :専用住宅

■  竣    工  :2012年8月

■ 延 床 面 積 :91.73屐27.74坪)

 
*
リノベーション工事 リノベーション工事 リノベーション工事
リノベーション工事 リノベーション工事 リノベーション工事
リノベーション工事 リノベーション工事 リノベーション工事
*

築37年の住宅の、対震補強とリフォーム。

敷地は、崖地の盛土に位置し、建物は盛土の不同沈下により、15センチ程度崖地に向かって傾いていました。
一軒家のように見える建物は、実際は3軒繋がった長屋となっており、単独で、建て替え等の確認申請が必要となる、工事ができない状況となっていました。

建物の傾きを是正し、法的に問題ない範囲でリフォームをおこない、耐震補強を可能な範囲でおこなうことが、今回の計画です。

建物の傾きは、完全を期すると、地盤を補強した上で、基礎からのジャッキアップをおこなうことになるのですが、予算面で非現実的であったため、土台からのジャッキアップにとどめています。

屋根の形状を変え、吹き抜けをあらたに設けることで、暗かった一階を明るい空間に作り直しています。

外壁は極力壊すことなく、塗り替え程度にとどめています。内装材の多くは取り外し、断熱材を充填した上で、耐震補強をおこなっています。

間取りは、基本的に大きな変更をおこなうことなく、必要とされた収納を追加する程度にとどめています。



小川建設ブログ

小川建設facebook

当社の会社案内、施工実績などをまとめた資料をお届けします。

SE構法のDVDが出版されました!ご希望の方は
ご請求下さい。
資料請求
雑誌掲載
お客様の声
土地/アパート・マンションオーナー様へ
SE構法
SEA'S 建築家と建てる木の家
住宅保証機構